男性からの視線を集めるには、少し色っぽい服を着ると効果的に思えるもの。

男性はどんな服装を見ると、セクシーに感じるのでしょう。

男性が思う、そそられる女性の服装を教えてもらいました。

・ミニスカート、見えそうで見えない感じはそそる。

・やっぱりミニスカート、太ももに興奮するから。

何といってもそそられる服装の中で人気が高いのが、やはりミニスカートのようですね。

普段は見えない太ももに、つい興奮してしまうようです。

・ホットパンツをはいてる女性で足がキレイな女性。

・ホットパンツ、尻がエロい。

ミニスカートが好きな男性も多いですが、ホットパンツも捨てがたいという男性も少なくないようです。

足がキレイに見えるアイテムとして、女性からも人気ですよね。

・スーツ姿、脱がせたくなる。

・スーツ、真面目な格好なのにエロい。

女性のスーツ姿を見て、ついそそられてしまうという男性もいるようですね。

真面目そうに見えるぶん、それを崩したいと思うのかもしれませんね。

・タートルネックのニット、体のラインが出るから。

・やわらかいニット。

男性ウケのいい服装の中でも、ニットは人気がありますよね。

大きめニットか、体のラインを見せるようなニットが人気のようです。

・ワンピースは女の魅力をあげるアイテムだから。

・ワンピース姿が好き。

どんな女性が着ても、女の子らしく見えるのがワンピースですよね。

いざというときの勝負服にしている人も多いのでは。

・胸が強調された服はそそられてしまう。

・胸元があいていると、さまざまな想像をするので。

胸元が強調された服装ファッションだと、男性はそそられてしまうようですね。

見てはいけないと思えば思うほど、見たくなってしまうのでしょうね。

≪男がガチで興奮する女性の勝負下着ってどんなの!?≫

ほとんどの男性はベッドの上で彼女の下着について、そこまでの執着はしていません。

抽象的に、なんかエロいのだったらいいやとか、Tバックなら興奮するくらいの考えしか持ち合わせていないことが大半です。

ですので、あまり頭を悩ます必要はありません。

セクシー系で攻めたいなら、Tバックとか、ガーダーベルトあたりを備えておけば十分でしょう。

それから、あまりセクシー方面に舵を切られるのが苦手という男性もいます。

こういう男性は、ある意味での処女性めいたものを、彼女に求めていることが多いのかもしれません。

どちらかといえばセクシー系じゃなく、かわいい系かもという自覚がある女性なら、少なくとも交際相手はかわいい系が苦手ではないと考えて大丈夫ですよね。

だったらその嗜好にあわせて、下着もフリルが付いているなど、ピンクを基調にしたようなかわいらしいものを選んでおくと、喜んでもらえる可能性は高まるでしょう。

それから、ファッション上級者の唱える「はずし」という概念を、大胆にもベッドの上で織り込むというのも悪くないでしょう。

期待以上のインパクトを相手に与えることができれば、きっとカレも興奮間違いなしです。

たとえば、女性向けのふんどし。

デザインはかわいいものが多くて一見普通の下着っぽくも見えるのですが、男性にしてみれば「え?ふんどし!?」となってしまうでしょうし、初見のインパクトは絶大でしょう。

また、最高の「はずし」として、そもそも下着を身に着けていないという手を打つのも有効です。

ぶっちゃけ、男性は下着なんてすぐに脱がしてしまうわけですから、下手にどんなものを着用するか悩むより、身に着けていないという選択をとるのもアリでしょう。

まさに丸腰!

多少相手を選びますが、エロ方面に造詣の深いカレなら、絶対喜んでくれるはずです。

基本的に勝負下着って女性の自己満足みたいなところがあって、男性はデザインや値段にまでは頭が回りません。

よほどダサい下着でもない限りは、身に着ける下着全部が勝負下着みたいなものですので、あまり気負わずにセレクトするのがいいでしょう!

≪恋は戦略、男を引きつけるテクってどんなの!?≫

こんな話を知っていますか?

3平方メートル婚。

結婚というのは大げさだともしても、脳神経や心理学上近くにいる異性に恋をするというもの。

普段なんとも思っていない相手でも、毎日顔を合わせているうちにあるきっかけで突然気になったりしてしまう。といった心理です。

また、別の言い方をすると、意中の男性の目に止まる数が多ければ多いほど、相手の脳はこちらのことを潜在的に覚えることになります。

だから、恋に戦略は必須です。

ピュアロマンスなんて待っていたら何も起こりません。

社内で片思いをしている女性は、まずは大好きな男性の行動を観察しましょう。

第1段階は、偶発を装って彼のそばを1日に何度も通るように努力します。

そして、彼の脳にあなたのイメージを焼きつけさせます。

例え、あなたに気づかなくても、なんども彼の目に止まるまで自然にその行動を続けます。

第2段階は出社、退社時を狙って鉢合わせするように時間を計り、彼に顔を覚えてもらいます。

第3段階は社外でばったり会うように(ランチの帰りや出社前など)して、話しかけるきっかけを作ります。

肝心なのは、一度でいいから彼に自分から話しかけなくてはいけません。

もしくは仕事の用事で彼のデスクにいくなど。

ポイントはあなたへの 潜在的意識を植え付けて、そしてそれを意識に呼び起こすというもの。

やっぱり、駆け引きやゲームが 恋愛には大切ですね!