完璧な夜の夫婦生活がないと、セックスレスがもととなって離婚した夫婦は増えています。

セックスレスの原因は、夫婦それぞれ様々だと思いますが、実は、民法770条によって、夫婦の性交渉は大切なものとみなされていて、「夫婦であれば、セックスの要求には応えるべし」というようになっています。

もし、セックスレスが離婚理由になったときは、慰謝料の相場は100万円から300万円なのだそうです。

事実、セックスレスになってしまう理由を挙げると、体力低下、断られてしまうかもしれないという不安、妊娠したらどうしようという心配、性的なことに関する恐怖、相手に対しての強い不満などが考えられます。

どのような問題でも、まず、原因をさがすことこそが問題解決の第一歩ではないでしょうか。

遅くとも、離婚の危機にもつながるセックスレスの原因(女性のほう)には、仕事が忙しすぎる、育児が大変などの身体的疲労、性的なトラウマなど、出産後の女性ホルモンの激減現象、夫を男として感じなくなった、旦那の浮気がバレた、自分のからだの劣等感等があります。と思いあたるふしがある。

ことに、「離婚理由の一つにもなってしまうセックスレスの男性のほうの要因は、肉体的な疲れ、女性として見られなくなる、女房の不倫が許せない、意欲が低下した、勃起障害(ED/Erectile Dysfunction)、性的なことが嫌だと感じる、精神的なつながりだけで満足できている、妻が内面的にも外見的にも変わってしまいショックを受けているなどがあります。」という訳です。

日頃は、離婚理由にもなってしまうセックスレスの解消法は、夫婦が努力をしセックスレスを解消できるようなタイミングを考えることだといえます。

夫婦お互いが原因に気づいて、その原因についてぼちぼちでも解消できれば、複雑で難しいと言われるセックスレスの問題であったとしても改善できるはずです。

では、「セックスレスの予防法については、マンネリ化させないようにする、夫婦男女が自分のケアをきちんとする、お互いに二人はときには距離を置くこと、寝室内にスマホやPCを持ち込まないようにすること、母ではなく女性であり続けること、父ではなく男性であり続けるようにすることなどがあります。」に安心してはいけません。

いつでも、夫婦のセックスレスを誘引してしまうものには、共通の原因があるときも多いのです。

男性と女性どちらにも共通する理由には、面倒くさいから、相手に満足していない、性交渉より楽しめることが色々ある、セックスする時間が取れないなどがあります。と、言う人がいます。

ただ、産後のセックスレスの理由には、妊娠している間セックスをしないで過ごした男女が、そのままセックスレスが続いてしまうのです。

赤ちゃんがお腹にいる間の「しない」ということが当然となり、出産してからもずっと性交渉が難しいのです。

どうしても、やっと同棲を始めてみたらセックスレスで困っているというカップルは決して少なくありません。

同棲を始めたのは良いけど、生活に追われて、肉体的にも精神的にも疲労している状態では、セックスをする余裕はないでしょう。

また、一緒にいる時間が長くなれば、女性が、というようなこともセックスレスを誘引します。

雑誌で見たけど、セックスレス診断は、セックスレスについての可能性を診断できるというものです。

たとえば、デートに誘ってもらっても楽しみではない、自分からキスしなくなった、エッチを求められても殆ど応じないなどの箇条があります。

思い当たる項目をチェックしていき、当てはまったところが多いほどセックスレスの可能性が高いということになります。

まるで、「多くのカップルが悩んでいる不感症の原因は、人工中絶手術後ストレス障害、好きな人に見捨てられたこと、性的なこと全てが破廉恥だというような知識がとても強い、挿入時に苦しい、状況性オーガムズ障害が主なものであるといえるでしょう.
」ということもあります。

ただし、セックスで感じない不感症の女性は、意外と多いといわれていて、実に多くの女性が不感症なのだそうです。

親や友人などには相談できないのでオープンになることは少ないですが、悩みを抱えている人が自分の近くにもたくさんいることは確実でしょう。という話です。

考えたみると、近年の女性に多い性嫌悪症とは、性の発想や性交渉に嫌悪の気持ちを抱くことをいいます。

拒絶の程度はそれぞれ違いますが子どもの頃からの教育で男は汚らわしいという概念で成長した人は治りにくいそうです。

たとえ、悩みを抱えている女性も多い性興奮障害とは、セックスする前などに症状で悩むというものです。

性的に興奮を感じなければ、性交に対する膣の準備ができず、ひたすら痛いけなので、スキンシップさえも拒みたくなるような性嫌悪症を発症してしまうことも考えられます。

というより、夫婦の悩みともなることがあるオーガズム障害とは、営みでイケないという人の性的な問題のことを言います。

不感症だという人もいます。

また、この症状で辛い思いをしているのは、日本の健康な女性にもでしょう。

こうして、深刻なセックスレスの問題は、長年の結婚生活でも破綻を呼び、修復が難しくなります。

解決出来ないほどのセックスレスには、関連していることがあります。

感情が関係しているという場合は、性の対象が解決できることもあると思います。

なにとぞ、セックスで感じることができない原因には、焦りや義務感があるのではないでしょうか。

エッチをするとき、もっと彼に愛されたい、イッたというふりをする、つくすことこそ妻の義務!

イク必要があるなどの焦りや義務の感情が強いと、不感症の危険があります。

皆様、不感症でセックスが気持ちよくないという女性は、行為に慣れていない、緊張が強かったりすることがあります。

しかしながら、男の手腕に原因があることもあるでしょう。

けれども、もしかして一回だけでも絶頂を迎えれば不感症は改善できると考えることができます。

その理由については、セックスパートナーと治療することが大切です。

治療とはいっても、女性が夫の前で思いっきり乱れちゃったと思うようなセックスをこのような体験をするなら、出会いが必要ではないでしょうか。

なにせ、不感症治療のひとつの手段としては、人気があるツボ押も有効なので試してみましょう。

効果を感じたいなら体が温まるツボをマッサージしたり刺激すると効果が得られるそうです。

気持ちが良い性交渉をするなら身体も気持ちも熱っぽい状態でなければ達成できないそうです。