シトルリンDXにアルギニンは欠かせない成分

アルギニンは、血管内に一酸化窒素を生成させ血管を膨張させて血流を増やす効果があります。
また、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促進させる効果もあるのです。
ペ●ス増大や勃起力アップに欠かせない成分であるとも言え、同じ効果を持っているシトルリンと同時に摂取することで、さらに働きが高まりますので、どちらも配合されているシトルリンDXは、この点で言えば、大変考えられたサプリということになります。
アルギニンは、普段の食事からも摂取する事ができ、基本的に、肉類や大豆類の食材に多く含まれていて、100g中でアルギニン含有量が最も多いのは豚ゼラチンだそうで、8,000mgも含まれています。
部位にもよりますが、肉類で総合的な順位をつけるなら、鶏肉 > 豚肉 > 牛肉の並びになりますね。
ただし、肉ばかりだとカロリーの摂りすぎに気をつける必要があります。
大豆類で一番多いのは、高野豆腐で、100g当たり4,200mgものアルギニンが含まれています。
ただ、乾燥させてある場合の含有量で調理すると、毎日食べるには無理のある量になってしまいます。
そもそも、食べ物で必要量のアルギニンを摂るというのは、他成分の過剰摂取が問題になってくるのでオススメはしません。

シトルリンDXのアルギニンの効果

アルギニンの摂取で期待できる主な効果は、成長ホルモンの分泌促進による筋肉増強やアンチエイジング、血管拡張による血流改善、疲労回復、免疫力向上などがあります。
血流改善に関しては、一酸化窒素の生成を促すシトルリンと似た働きをしています。
酸化窒素は、環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる物質を活性化させるのですが、cGMPは実際に勃起をもたらす物質なので、それだけ勃起力を高める事が出来るのです。
血管の拡張により海綿体に流れ込む血液量を増やす事ができるので、アルギニンは男性器の強化に対してとても効果的です。
アルギニンはアミノ酸であるので、ビタミンやミネラルなどと同じように、しっかり効果を得たい場合はバランス良く体内に摂取するというのが、非常に重要となってきます。

シトルリンDXは1錠にアルギニンを400mg配合

アルギニンが不足してしまうと、病気への抵抗力が衰えたり、男性機能も衰えてしまい、生活習慣病が進行したりむくみといった身体への様々な悪影響が考えられます。
適度な摂取を心がける必要があるのですが、どれぐらい摂取すればいいかわからないと思います。
一般的に、1日に効果があってかつ危険性のない量は2,000~4,000mgが理想とされていて、ダイエット向けであれば4,000~5,000mg、アスリート向けであれば10,000mg以上のアルギニン摂取が必要とも言われています。
シトルリンDXは、1錠にアルギニンを400mg配合していますので、1日に4錠服用するのが、1日の推奨量ですので、1600mgを摂取することができ、効果がある量の大半をしめています。
シトルリンDXを服用することによって、食べ物を摂取することによってで起きる他成分の過剰摂取を心配せずに、食事をすることができます。